合理的に見る

青空を応援するブログ > ピックアップ > 合理的に見る

合理的に見る

2014年8月28日(木曜日) テーマ:ピックアップ

ようやく取引する時という場合には、何をおいても事前準備をおろそかにしてはいけません。

取引を行う前であるならば相場を合理的に見ることが出来ます。

だが、ひとたび売買の中へ入ってしまうと、どう試みても考え方が自己中心的になってしまいがちで肝心な時にしっかりとした状況がわからなくなる危険があります。

 

そのために自分自身の頭が冷静な状況で、準備する事が重要です。

 

その"準備"とは、まずは自らの台本を作る事から行います。

 

これからの市場はこうなってああなるから米ドルを売買するみたいに、自分なりの筋書きを書いていきます。

 

次に重要なのはチャートを調べましょう。

 

今までのレートの上げ下げをチェックして、相場を確かめます。

 

そうすると、「結構高すぎる状態になっているな」他には「今となっては多くの方が勝負している、今から自分がしかけても手遅れだな」ということが見えてくる。

 

当たり前ですが今となっては売買するのが遅すぎるなと思ったら、何もしないで、そこのところはすっぱりと諦めることが必要です。

 

無理に自身の台本を妥協しないで新規エントリーすると、相場にやられて、それどころかマイナスになりかねない。

 

とは言ってもたいがいの場面で準備が整った自分自身のシナリオを考えておけば、売り(または買い)がなすすべがないということにはなることはありません。

 

大方、本格的に相場が変動する前の状態のはずです。

 

続いては、当面は自分がとろうと考えているポジションの上下動をじっくりと把握する事が大切です。

 

もし、ドル高になるはずだという脚本を記したのであれば該当する外貨の変動に注目する事が大事です。

外国為替市場の動きを注意を払い始めた状態ではまだまだドル円ははっきりと動く素振りを見せないで、多少の変化を繰り返しているだけでしょう。

 

だが、その変化をきちんと気をつけていると、あるポイントで少しずつ円安の方向へと外国為替相場が推移し始めます。

この状況でいよいよドル買いの注文をします。

これだけ計画的に事前の準備を考えておけばその売買で勝つ確率は高まります。

 



関連記事

目指せ、40Kg台!

目指せ、40Kg台!

2014年9月 3日(水曜日)

合理的に見る

合理的に見る

2014年8月28日(木曜日)