民事再生の前に

青空を応援するブログ > ニュース > 民事再生の前に

民事再生の前に

2014年9月 1日(月曜日) テーマ:ニュース

民事再生という手段は住宅のためのローンを含めて多重債務に困っているひとをターゲットに住宅を維持しながら経済的に立ち直るための法による債務を整理する選択肢としてスタートした制度です。

 

民事再生制度には、破産手続きみたいに免責不許可となる要件はないために競馬などで借金がふくらんだ場合でもOKですし破産宣告により業務が行えなくなってしまうようなポストで生計を立てている人でも制度の利用が検討可能です。

 

自己破産制度では住んでいるマンションを残しておくことは無理ですし他の債務処理方法では、借金した元金は支払っていかなければなりませんので、住宅ローンなども払いながら支払うのは実際問題として簡単なことではないでしょう。

 

民事再生という方法を取れれば、マンション等のローン以外の借入は相当な金額を減額することも可能なため、十分に住宅ローン等を返済しながらあとの借り入れ分を支払い続けるようなこともできるといえます。

 

しかし、民事再生という方法は任意整理による手続きまたは特定調停等と違い特定の負債だけを除外して手続きを行うことは許されませんし、破産申請の場合のように借り入れ金がなくなるということではありません。

 

それから、そのほかの債務整理に比べいくらか簡単ではなく負担もかかりますので、住宅ローン等が残っていて住んでいるマンションを手放せないような状況等を除き破産申請などその他の方法がとれない時だけのあまり優先したくない方法と考えた方がいいでしょう。